使い方

よくQ&Aサイトなどで「水草(グロッソスティグマ・ショートヘアーグラス・ラージパールグラス・アヌビアスナナ・ミクロソリウム・etc...)を育てるにはこの照明器具で行けますか?」みたいな質問を見るので、水草水槽で必要な光量(照明のワット数)を計算するために作りました。

使い方は、水槽のサイズと底床の厚さ、水草の種類を選ぶと、水草の育成に適正な照明のワット数を計算・表示します。

ページ下部に計算方法の解説とコケ対策情報を掲載しておきます。参考になれば幸いです。

条件設定

水槽タイプ

選択すると以下の入力欄に自動入力されます。下の入力欄に直接記入してもOKです。

水槽サイズ

底床の厚さ

水草水槽の場合、底床は5cm以上をお勧めします。

メインの水草の種類

結果

(ここに計算結果が表示されます)

アクアリウムにおける照明の運用について

色々な運用を試してみて、現時点で個人的に注意していることを書いておきます。(あくまで個人的な見解なので諸説あると思います。)

照明の強さは、強すぎても弱すぎてもダメだと思います。照明が弱すぎると水草が育たないし、照明が強すぎるとスポット状の緑色のコケが生えるからです。

もし、照明器具が強すぎる場合は、照明の位置を高くします。照明器具を水槽上部から水槽の高さと同じだけ離すと、約半分くらいの光量になります。(例:60センチ水槽(高さ36cm-底床5cm=31cm)では、合計100ワットの照明を水槽上部からさらに31cm離すと(水槽底面からだと36cm+31cm=67cmだと)100÷2=50ワットの照明と同等になります。)

照明にまつわるコケ対策について

ここでは、個人的にいろいろ試して効果のあった、照明にまつわるコケ対策を書いておきます。(あくまで個人的な見解です。)

照明は「1日6時間・多くても8時間以内」とし、「強光を短時間(あとは真っ暗)」を心掛けてください。消灯中はカバーをするなどして真っ暗にしてください。(底床や生体数に問題が無いのになぜかコケまみれになる場合はこれが原因だったりします。)弱い光を長時間当てたり、消灯中に薄暗いと水草が育たずコケばっかり育ちます…。

「土中は富栄養・水中は貧栄養」を心掛けてください。コケが生える大きな原因の一つは、土中の肥料や栄養が水中に出ているからです。(栄養を多く含むソイルや軽石・肥料などの栄養層(3cmくらい)を、吸着系ソイルなどで蓋(2cm以上)をするイメージです。なので結局は、底床にはどうしても5センチ以上の厚さが必要になってきます。)

緑色の糸状のコケが生える:何らかの原因で水が富栄養状態か、または照明の点灯時間が長すぎます。底床から栄養分が漏れていないか、餌をやりすぎているか、生体が多すぎるか確認してください。→まず、エビの大量投入&完全遮光を1週間行ってください。その後、水草のトリミングと1/3水替えを行います。また、その後の運用では照明点灯時間を1日6時間以内にしてください。また、消灯中はカバーをするなどして水槽内を真っ暗にしてください。

黒い苔が生える:底床または濾過が限界になっています。底床または濾過内のバクテリアバランスが崩れたり、ミネラルが欠乏したり、窒素肥料不足による植物の弱体化が始まったり、汚れが溜まって限界に達しています。→濾過の掃除をしてみて、それでもダメなら水槽(底床)のリセットが必要です。

計算方法(なぜ光量をリッター当たりのワット数で決めるとうまくいくのか)

計算方法は、水槽1リットル当たりのワット数を基準に計算しています。前景草の場合、蛍光灯基準で2.0W/Lが基本です。

水槽の面積当たりの光の量を考えると、光の総量は、電力(ワット数)に変換率(固定値)をかけた量になります。([総光量]=[変換率]×[ワット数]…(1))

しかし、光は拡散するので、面積当たりの光は、面積が大きいほど、高さが高いほど少なくなります。([面積当たりの光量]=[総光量]÷[面積]÷[高さ]…(2))

(2)に(1)を代入すると、[面積当たりの光量]=[変換率]×[ワット数]÷[面積]÷[高さ]=[変換率]×[ワット数]÷([面積]×[高さ])…(3)

ところで、(3)で、[面積]=[幅]×[奥行]なので、代入すると[面積当たりの光量]=[変換率]×[ワット数]÷([幅]×[奥行]×[高さ])…(4)

(5)で、[幅]×[奥行]×[高さ]=[体積]なので[面積当たりの光量]=[変換率]×[ワット数]÷[体積]…(5)となります。

(5)の式を変換すると[ワット数]÷[体積]=[面積当たりの光量]÷[変換率]…(6)となります。

ここで、照明の効率が固定で、欲しい光量が固定なら、(6)の右辺の値は一定になるので、あとは体積が分かれば必要なワット数を求めることができます。

蛍光灯とLEDを変換する場合、蛍光灯は光が360度に拡散するのに対して、LEDの場合は120度程度にしか拡散しません。なので、力率が同じならLEDのほうが360÷120=3倍効率が良いことになります。(逆に言えば3分の1のワット数で十分だということになります。)

もちろん、LEDで電力を光に変換する効率が良くなれば、さらに少ないワット数で足りることになります。

このページでは、G社やK社の力率50%程度の一般的なアクアリウム用の照明を想定して計算しています。最近出てきた、某ショップのオリジナル某Aシリーズが出している最新のものですと、力率95%なのでそちらも計算しています。

連絡先

ご質問・ご要望などありましたら下記ご連絡先まで。

株式会社オハナシヤ担当:津田 seijitanp@gmail.com